COLUMN

コラム

イライラ!うつうつ!ストレスフルから脱却

2019.10.15 働き方    リリカラ流ヒント

〜〜まさか、リリカラではストレス減!?〜〜

働く場所を自由に選ぶABW(Activity Based Working)やテレワーク。

導入企業も多いと思われますが、わずか数年前まで、ここまで働き方が

変わるとは想像すらしていませんでしたよね。

ところが、働き方が変わったことで、

マネジャーが部下の変化に気づきにくいという課題が出てきています。

 

そうなると、もちろん意識してコミュニケーションを取る必要がありますが、

それ以前に、なぜストレスがたまるのかを考えてみたいと思います。

 

ストレスにはいくつか原因がありますが、職場で感じやすいのは、

人間関係や仕事の量や質など。仕事の量は、働き方改革で以前よりも減った企業も

多いと思います。リリカラの場合は、数年前まで慢性的な残業が課題となっていましたが、

テレワーク、ウェブ会議、高機能のタブレットPCの導入により、

ムダな時間を削減し、ノー残業デーや21時退社が実現できました。

さらに、営業本部・営業推進部では戦略を明確にして

きちんと部下に伝達するようにしたら、やらされ感が薄れ、

皆がイキイキと働けるようになったようです。あくまでも肌感覚ですが、

社内の風通しも良くなり、人間関係で悩むことも減っている気がします。

 

とは言え、突然、新しいストレスが生まれることもありますよね。

個人の健康、家庭の問題がストレスとなって、仕事に身が入らないことも。

小さなことでいうと、引っ越しをして通勤経路が変わり、以前より混雑した電車で

通わないといけない、といったこともストレスになり得ます。

 

であれば、従業員同士が、それぞれの立場を理解し、

思いやりをもって接することで、職場のストレスは幾分か軽くできるはずです。

また、自分自身がトラブルに直面し、マイナスの感情が起こりそうになったら、

「最悪の事態は回避できたから良かった」「成長のきっかけになった」と

ポジティブに捉えてみるのもいいかもしれません。

そもそも適度なストレスは、乗り越えたときに達成感が得られ、

人を成長へと導きますから、あった方がいいなんてことも言われますしね。

 

さらに、ストレスがたまらないようなオフィスをつくることも大切です。

コミュニケーション・スペースを設けるなど大がかりな工事をしなくても、

オフィスに植物を置くだけでもいいそうです。

国土交通省の都市の緑視率に関する調査では、緑視率が高いと

「安らぎのある」「さわやかな」「うるおいのある」と感じる人の割合が

高いという結果が出ています。

 

リリカラでは、オフィスに適した植物を手配することが可能ですし、

総合的にストレスが緩和されるオフィスのご提案もできます。

これを機に、居心地の良いオフィスをつくってみてはいかがでしょうか。

 

参考

http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha05/04/040812_3/01.pdf

オフィスに関すること、なんでもご相談ください。

お問い合わせ・お見積依頼