COLUMN

コラム

どこまで健康を守れる?やる気を維持できる?

2020.7.8 働き方    リリカラ流ヒント

〜〜withコロナのオフィス応急処置事例〜〜

新型コロナウイルス感染症に対する緊急事態宣言が解除となり、早いもので1か月半。

出勤と在宅ワークをバランスよく取り入れている、

「三密」を避けるため時差出社している、

特急や快速電車を使わずに各駅停車で通勤しているなど、

皆さん業務を止めないよう、さまざまな工夫をしているのではないでしょうか。

オフィスでも清潔を心がけ、ソーシャルディスタンスを取ることが

習慣化してきたことと思います。

 

そこで今回は、withコロナの対策を施した企業の事例をいくつかご紹介します。

 

どうしても出社しないと業務が進まないという企業からは、

やはり席と席の間に仕切りを設置したいという要望がありました。

 

ある出版社は、テレワークできる部署はテレワークしているものの、

編集部ではどうしても紙で校正することが多いため出社率が高いそうです。

人が集まって仕事をするのはリスクがありますが、

とは言え、コロナの影響は暫定的なはずと考えて、対策も暫定的に行うことを決めました。

そこで、アクリルパネルよりも安価なものを探し、

養生用の半透明プラスチック段ボールを設置しました。

 

一方、守秘義務の都合上、在宅での電話応対ができないコールセンターの場合は、

アクリルパネルを取り付ける予定でしたが、当面withコロナの状態が続くと考え、

設置するデスクトップパネルの高さを60cmから100 cmに変更しました。

簡易的なものではなく、しっかりしていて見た目の違和感がないパネルを設置したことで、

多少なりとも従業員のモチベーション維持に貢献できたのではないかと考えています。

 

それと、全国の拠点でセミナーを開催することの多い企業からは、

オンラインではなくリアルに対面してセミナーをやりたいとのことで、

講師の演台に飛沫防止の透明パネルを立てたいと依頼がありました。

 

確かにオンラインセミナーの場合は、

視線が合わず、参加者の表情から理解度をつかむことが困難です。

講師はもちろん参加者のITリテラシーにも差があり、通信環境もさまざまです。

Web会議システムの操作でつまずく、音声が途切れる、

画面がフリーズするといったトラブルも予測できます。

この企業の場合は、セミナー開催が事業の一部となっているため、

そういったオンラインでの課題を放置すると信頼が揺らぐことになりかねません。

よって、講師も参加者も安心できるよう環境を整えたいとのことでした。

 

どの企業にとっても初めて経験するwithコロナ状態。

「どうしたらいいのだろう?」とのんびりと考えている余裕はなく、

すぐさま対応しないといけないことがこれからも続くと思われます。

オフィスにおける課題に対して、リリカラが迅速に対応しますので、

お困りの際はぜひご相談ください。

オフィスに関すること、なんでもご相談ください。

お問い合わせ・お見積依頼