COLUMN

コラム

やる気のあるなしに関わらず、まず取りかかるのがベスト!

2020.10.8 働き方    リリカラ流ヒント

〜〜やる気が必要ないま、知っておきたいこと〜〜

長引くコロナ禍で、仕事へのやる気が出ないという人は多いのではないでしょうか。

そもそも何らかの理由でやる気がなかったところに、

コロナの影響でよりひどくなったという人もいることと思います。

 

そこで今回は、いますぐできるやる気の出し方をご紹介します。

 

まずは、小さなことから。

 

服装や持ち物がやる気スイッチの役目をすることがあるので、

週の始まり月曜日は「今週もがんばろう」という気持ちを込めて、

お気に入りの服やネクタイで出勤します。

大切な商談がある日は「これ」というものを決めている人もいますよね。

一方、テレワークの日はパジャマから普段着に着替え、始業時間に合わせてパソコンの前へ。

やる気のあるなしに関わらず、時間がきたら始めると決めてしまうのがいいようです。

何時まで、どこまでやると小さな目標を設定しておけば、

一日が終わったときに達成感が得られ、翌日も仕事への意欲が持続します。

 

それから、やる気が出ない原因に目を向けるのも大切です。

 

以前は楽しく働いていたのにいつの間にかやる気が失せてしまったという状況なら、

なぜかつては楽しかったのか、今後何があれば楽しく働けるかを考えます。

周囲の人にひと言「今日、やる気がない」と伝えて会話を始めれば、

同じ悩みを共有できてほっとしますし、解決の糸口が見つかるかもしれません。

 

また、介護や育児などが気になり、仕事が手に付かないときは

抱え込まずに周囲の人に話をします。10分程度でも話を聞いてもらえれば

すっきりしますし、少なからずやる気が戻ってくるでしょう。

 

ときには「やる気が出ないなら出ないでいいか」と気長に構え、自分を許すのも大切ですね。

 

元気とやる気は比例することが多いので、

身体がだるくてやる気が出ない日は、もちろん、

やる気よりも身体の状態に目を向けて早めに対処しましょう。

 

そうそう、リリカラではみんなのモチベーションアップのために

リニューアルしたばかりのオフィスに「SMILY」というスローガンが書かれた

バナーを掲げました。従業員それぞれのやる気につながるようにと期待を込めています。

 

もし、皆さんもオフィス内にやる気が出る仕掛けをつくりたいとお考えなら、

どうぞリリカラにご連絡ください。

オフィスに関すること、なんでもご相談ください。

お問い合わせ・お見積依頼