COLUMN

コラム

withコロナ、オフィスで高めたい個人の能力とは?

2020.11.17 働き方

〜〜持続可能な企業にするための主体性と創造性〜〜

いま、ビジネス環境が急速に変化するなかで、

指示待ちではなく主体性を発揮して働く社員を増やし、

変化のスピードに対応していかなければならないと考えている

経営層、マネージメント層の方は多いと思います。

 

確かに、テレワークの推進が日本中のオフィスワーカーが主体的に動く

きっかけになったのは間違いありません。

けれども、これからも持続可能な企業にしていくには主体性に加え、

創造性を高める人材育成が必要になりますよね。

 

ところがどの企業でも、コロナ禍で新人の育成が困難な状況が続いているのが現状。

新人とメンターの出社日が合わせにくく、OJTの機会も減っていることでしょう。

だとしたら、マネジャーがメンターをサポートしながら、

見て覚えさせたり、一緒にやってみたりとリアルでしかできないことに力を入れ、

丁寧に仕事を教えたらどうでしょうか。

 

それから、仕事を依頼する場合は、一旦プロジェクト全体を俯瞰させ、

依頼する仕事にどういう意味があるのかをひと言でいいので話します。

「これ、エクセルにまとめて」ではなく、「エクセルでリスト化することで、

こういう課題が解決し営業活動がスムーズになる」と言えば

部下の理解が深まり、貢献度も上がります。

 

新人はもちろん中堅社員に対しては、会社の理念が腹落ちするまで話合ってもらい、

目標設定を習慣化させます。そして、マネジャーと目標を共有し、クリアしたら評価します。

その際は、ただ褒めるだけでなく、どういうプロセスでどういう課題が見えてきて、

それをどう解決したのか、次に改善したいポイントは何かも聞きます。

部下の昇格時も、何が昇格の理由かを伝え、これからは何をがんばりたいかを聞きます。

そうすれば部下は次にやるべきことがわかり、主体的に行動するようになるはずです。

 

創造性に関しては、やはりオンラインで集まるのでは視線が合わない、

意見を言うタイミングが難しいなどと議論が活性化しづらいため、

リアルで集まる機会を設け、新規事業のアイデアや課題解決のための

ブレーンストーミングを行います。そうすれば、先輩のひらめきに刺激され、

皆でひとつの施策を組み立てるおもしろさにハマるなどして、主体性も向上します。

 

もしも、withコロナ期において人が集まることにリスクを感じるならば、

テレワークにより出社率が下がった執務エリアを縮小し、

会議室のように密閉されない、感染対策を施したオープンな

コミュニケーションスペースを設けるのもいいと思います。

どうぞ、ご検討の際はリリカラにご相談ください。

オフィスに関すること、なんでもご相談ください。

お問い合わせ・お見積依頼