COLUMN

コラム

お役立ち資料|働き方診断から始める新しいワークプレイス戦略 9つのオフィスレイアウト型を一挙に解説

2022.2.16 働き方    お役立ち資料

そろそろ年度末・新年度、という皆様も多いのではないでしょうか。
増員や配置換え・組織変更が起きるこの時期は働き方を見直す絶好のタイミングです。
働き方が変化している今、オフィスに必要な役割や機能を改めて考えることは、従業員エンゲージメントやパフォーマンス向上に大きく寄与します。

本資料では、よくご相談をいただく「オフィス面積の見直し」「フリーアドレスの導入」「働く場所を自由に選ぶABW」について9のオフィスレイアウト型としてご紹介いたします。
皆様の今後の施策検討の一助となりましたら幸いです。

【概要】
「1分でわかる!働き方診断」から導き出される9つのオフィスレイアウト型について、導入のポイントや運用ルールなど含めてご紹介しています。

《9つのオフィスレイアウト型》

  1. レイアウト変更型
  2. オフィス面積最適化型
  3. オフィス移転・統合型
  4. フリーアドレス型
  5. グループアドレス型
  6. 働く場所を自由に選べるABW型
  7. 完全個室造作壁型
  8. フォーンブース型
  9. セミクローズ集中ブース型

【このような方におすすめ】
・組織変更や増員へのオフィス環境整備のご担当の方
・フリーアドレス導入を検討されている方
・働き方の見直しとオフィスづくりを検討されている方


オフィスの移転先を探したい。フリーアドレスって本当に良いの?ABWって何? どういう手順で進めれば良いかわからない。費用ってどのくらいかかるの?そんなお悩みやご相談には、30,000件以上の実績があるオフィスのプロの私たちがお答えさせていただきます。お気軽にお声がけください。 


● 関連資料

  1. お役立ち資料|フォーンブースを選定する5つのポイント メーカー別徹底比較表!
  2. お役立ち資料|フリーアドレス運用NAVI 社員の不安を解消するアイデアとツール集
  3. お役立ち資料|初心者でも安心!スムーズなオフィス移転 実現ガイド

 

オフィスに関すること、なんでもご相談ください。

お問い合わせ・お見積依頼