COLUMN

コラム

忙しい12月こそ集中して働こう!

2018.12.10 働き方

〜〜生産効率を上げるのは個人の力〜〜

12月の残業は致し方ない、そう考えている企業も多いことと思われます。

しかし、これまでトライしてきた業務の効率化に加え、

個人個人の集中力を上げることで、残業量を最低限に抑えられるのではないでしょうか。

 

もちろんそう簡単にいくものではありませんよね。

まず、メールやチャットの着信が頻繁にあるだけで気が散りますし、

せっかく「のってきた!」と思っても電話が入ったり、誰かに話しかけられたりして

全然作業が進まない。ついには、やる気を失って「ちょっとだけ」と

インターネットにアクセスしてムダな時間が過ぎてしまう…。

 

そこで最初に提案したいのがデジタルデトックス。

時間を区切ってパソコンのWi-Fiをオフにし、

デスクトップには作業中のファイルだけを開け、シングルタスクを心がけます。

私物の携帯電話はロッカーに入れ、会社から支給されている方は着信音を切り、

新着通知が目に入らないよう画面を下にしてデスクに置きます。

 

次にご紹介するのが、先月の「ビズの駅」でも登場した集中ブースの利用。

リリカラの場合はあらかじめ予約を入れ、必要最低限のものだけを持って移動して仕事。

ここで、仕事量や仕事の優先度から時間を決めるのではなく、

先に時間を決めてそこに仕事を当てはめます。

最近知ったのですが、25分集中、5分休憩を繰り返す

「ポモドーロ・テクニック」がいいようです。

時間がきたら、強制的に切りの悪いところでやめて休憩すると、

それまでやっていた作業が記憶に残り、再開したときにスムーズに仕事を進められるのだとか。

確かに、そんな気がします!

 

集中して業務を行ったら、TO DOリストに自己評価を入れてもいいかもしれません。

記述するのは面倒なので、◎(完了)、○(ほぼ完了)、△(まだまだ)など簡単なマークで。

すると「明日は◎になるようにしよう」という気になり、

◎が多くなると自己肯定感のアップにつながります。

 

さらに、部下には能力よりも少しハードルが高めの課題を与えると集中力が高まるようです。

要するに、集中してやらないとできないため、いつも以上に真剣になり、

なかなか飽きる状態に至らず、成長のサイクルへと乗ることができるのです。

 

さっそく、できることからトライして、皆様と一緒に12月を乗り切りたいと思います。

オフィスに関すること、なんでもご相談ください。

お問い合わせ・お見積依頼