働き方を変え、挑戦を可能にするオフィス

コーポレートカラーで統一されたオープンスペースでは、部門を越えた社員の交流が生まれる

フリーアドレス制を本格的に導入し、外勤社員の席数も効率化

社員のモチベーションアップのため、職場環境を整える

窓際のカウンターテーブルは高層階ならではの眺め

外光をワークスペースに取り込むために間仕切りはガラスパネルを採用。会議室内の気配もわかりやすい。

OUTLINE
事例概要

在宅高齢者向けサービスを提供するホームネット株式会社様は、加速する高齢化社会のインフラ整備に深く関わるビジネスを展開しています。利用者の住む地域の事業者と連携を取りながら日々の見守り・緊急対応から住宅住み替え支援まで、総合的に生活をサポートする事業を行っています。

事業が拡大するにつれて人員が増え、ワークスペース確保のために社員の休憩スペースが削られるなど、オフィスは手狭になっていました。

増床を検討していたとき、近隣に新しいビルが建設されることを知り、今回の移転が決定しました。

「社員が安心して新しいことにチャレンジできる基盤となるオフィスを築きたい」という想いを受け、新しいビルでのオフィスづくりを全面的にお手伝いさせていただきました。

CLIENT

ホームネット株式会社

東京都新宿区
150名
2016年6月

SOLUTION

PROCESS
課題解決プロセス

01背景

事業が拡大するにつれて人員が増え、オフィスは手狭になっていきました。増員分のワークスペースを確保するために、社員の食事・休憩スペースが削られ、度重なるレイアウト変更にも費用が掛かっていました。

増床の為に新たなフロアを借りることを検討していた時期に、近隣に新しいオフィスビルが建設されるという情報得て、移転が決定しました。

02課題

・社外の人にも堂々と見せられる信頼感を与えるオフィスにすること
・社員のモチベーションを上げるための職場環境の改善
・優秀な人材確保のための採用力がアップするオフィス

03リリカラが提案した解決策

・フリーアドレス制を本格導入。すっきりとした無駄がないオフィスに。

外勤社員の座席の効率化を図り、個人用のモバイルロッカーを設置したことで、机周りも物が少なく片付いているようになりました。

ペーパーレス促進のため、打合せスペース各所にモニター画面を設置しました。従来のように全員分の資料を紙で用意する必要がなくなりスピーディな打合せが行えるようになりました。

 

・オフィスのワンフロア化が実現。社員同士の動きにも変化が。

以前は内線電話をかけて話していた相手に、今は直接話しかけています。他部署の朝礼の良いところを取入れる、隣の部署が全員不在であれば鳴っている電話をとるなど、部署同士の交流やお互いから受ける刺激も会社を活性化する大きな要因となっています。

 

・眺めのいいリフレッシュスペース

気分を変えられるように、様々なタイプのテーブルとイスをカラフルに配置しました。スタンダードなタイプの他に、ペンダントライトがガラリと雰囲気を変える窓際のカウンターのハイチェア、そしてファミレスタイプのベンチ。朝昼は食事スペース、就業時間中は打合せや個人面案と、時間帯によってさまざまな使われ方でフル稼働しています。

04お客様の声

移転の工程や各業者との窓口はリリカラさんにお任せして、私は必要なポイントで判断を下すだけでスムーズにプロジェクトが進んだので大変助かりました。費用面も含めてアドバイスもありがたかったです。

本事例の詳細を知りたい場合はこちらへ。

事例お問い合わせ