従業員のためのハッピーなオフィス

イベントや取引先とのコラボレーションエリアとしても活用している

自然に人々が集うカフェには、おいしいコーヒーやお菓子がセルフサービスで用意している

毎日卓球をしなくとも、卓球台があるだけでなんだか楽しい

2台のテーブルとしてグループ会議にも便利

ゆっくり座れるソファやマッサージチェアで、本格的に体を休めることもできる

OUTLINE
事例概要

もともとあったリフレッシュスペースは、昼食時以外はほとんど活用されず、「もったいない」空間となっていた。また事業が拡大する中、部署ごとにブロアが分かれていき、情報の共有や社内交流の活性化が課題でもあった。

人が集まって、打合せや食事、レクリエーションなど笑顔と交流が生まれる空間を作りたい と今回リリカラにご相談をいただいた。

CLIENT

通信販売会社

東京都渋谷区
130㎡
2017年6月

PROCESS
課題解決プロセス

01背景

・リフレッシュスペースがお昼時間しか活用されておらず、もったいない空間となってしいる。

・各フロアにミーティングスペースが不足している。

・部署ごとにフロアが分かれており、従業員同士の交流が少ない。

・自社製品のサンプル体験ができるスペースが無い。

02課題

・遊休スペースの有効活用と、従業員満足の向上。

・リフレッシュスペースを、従業員が自然に集まってくる場所に変えたい。

・部門を越えたコミュニケーションの活性化。

・いつでも従業員が仮眠を取ったり休憩できる、リラクゼーションスペースが必要。

03リリカラが提案した解決策

・「集い」をコンセプトに、自然と従業員が集まってくるレイアウトや仕掛けをご提案。

・既存の内装に合わせ、レンガ調の壁紙を使うなど色調やデザインを調和させた。

・既存の什器をリユースしつつ、既存の空間に違和感のない新しい家具や什器を提案。

・コミュニケーションツールとして壁面に黒板塗装を採用。

・卓球台やサッカーボードゲームなど遊び心のあるアイテムを使用。

・個人ソファ、ハイテーブル、ハイチェア、ファミレスベンチなどを配置し、コミュニケーションエリアの充実をはかった。

・既存のカフェスペースをリニューアル。美味しいコーヒーやお菓子がある楽しい空間を提案。

04お客様の声

・リフレッシュスペースの稼働率が格段に上がった。

・昼食時以外も活用されるようになった。

・従業員同士の交流が増え、社員満足も向上した。

・外部とのミーティングも行われるようになり、コラボレーションスペースとしても活用されるようになった。

本事例の詳細を知りたい場合はこちらへ。

事例お問い合わせ