オフィス面積を約50%削減し、ハイブリッドワークへとシフトチェンジ

奥行きが感じられる品のあるエントランス

ハイブリッドな働き方の浸透に伴い、フリーアドレス制を導入

視線を遮ることにより集中を維持できるパーソナルブース

隅田川を見渡せる窓際のカウンター席

ワーカー同士が気軽に意見を交換できるオープンなカフェエリア

昼間のカフェエリアとは違うラグジュアリーな空間に変化

2面が窓になった開放的な会議室

「ウェーブ」をモチーフにデザインされた会議室のサイン

OUTLINE
事例概要

ウェーブロックホールディングス株式会社様は、異なる特徴を持つ素材を「組み合わせる」ことで新たな価値を創造する、複合素材の加工メーカーである。ウェーブロックグループのステークホルダーの幸せを最大化するために、業界の中でも世界トップクラスの収益性を誇る存在感のある企業になることを目指し、日々挑戦を続けている。

今回は、テレワークやフレックス制を取り入れたハイブリッドな働き方の浸透に合わせ、オフィスの約半分を返却しオフィスリニューアルを行った。

CLIENT

ウェーブロックホールディングス株式会社

東京都中央区
約1,400㎡ (リニューアル前)
2021年3月

PROCESS
課題解決プロセス

01背景

2020年以降、急激な働き方の変化を受け、グループの将来を見据えてビジネスのやり方はもちろん、働き方を変えていくとの経営メッセージがでた。働き方を変えていくという中には、新型コロナウィルスが収束してもオフィス勤務者の在宅勤務を推奨し、多様でハイブリッドな働き方をしていくという意味が含まれており、これまでのような全員が毎日出社することからの転換により、本社オフィスの面積を縮小する検討(見直し)に至った。

見直しにあたっては、面積が縮小して、1人1席でなくなっても、従業員がオフィスへ出社したくなるような、満足度の高いオフィスリニューアルにしたいと考えていた。

02課題

1.オフィススペースを最適化したい

2.在宅ワークではできない働き方を実現したい

3.イノベーションを伴うコミュニケーションを創出したい

4.従業員に愛着や親しみを持ってもらえるオフィスにしたい

03リリカラが提案した解決策

1.固定席制からフリーアドレス制へと移行し、エレベーターや廊下などの共用部を挟み2エリアあったうちの1エリアをリニューアル、もう1エリアを返却した。これにより、従来の約半分のオフィススペースを削減し、最適化を実現した。

2.フリーアドレス制により生まれた新しいスペースには、「コミュニケーション・集い」「集中」「リフレッシュ」の空間を設けた。集中を維持できるパーソナルブースや、外の光を感じてリフレッシュできるカウンター席で、在宅ワークでは難しい働き方を実現できる。

3.ワーカー同士が気軽に意見を交換できるオープンなカフェエリアを設けた。出社する機会が減っている中、ワーカーのメンタル面をカバーしたいという目的もあり、ほっと一息つけるような空間に仕上げた。

4.会議室サインプレートには、株式会社ウェーブロック・アドバンスト・テクノロジー様(グループ会社)が手掛ける「金属調加飾フィルム」を使用した。社名にちなんで「ウェーブ」をモチーフにデザインされており、細部まで愛着や親しみが湧くオフィスづくりを追求した。

 

04お客様の声

ウェーブロックホールディングス株式会社様にリリカラにオフィスリニューアルを依頼した理由をお聞きしました。

「オフィスを縮小したり、自席をなくしたりということは、人によってはネガティブに捉える場合もありますよね。だからこそ、リニューアルをきっかけとして、従業員のモチベーションに変化をもたらすことが大切になります。リリカラさんの提案書には、そういった内容が盛り込まれていましたし、弊社をよく理解してくれて、弊社らしいオリジナリティのあるものになっていました。それが、大きな決め手でした。また、20年程前、このビルに移転したときも、その後の会議室を増減させたときもリリカラさんにお願いしたという経緯もありました。弊社をよく知っていたので、心強かったですね。」

より詳しい内容は、こちらのお客様インタビュー記事からご覧いただけます。

本事例の詳細を知りたい場合はこちらへ。

事例お問い合わせ