COLUMN

コラム

オンラインでビジネスを成功させる第一歩

2021.2.9 働き方    オフィスのトレンド

〜〜ストレスなしのWeb会議・Web商談〜〜

 

Web会議・Web商談が定着し、テレワーク中の従業員はもちろん、

遠方の支社、事業所、顧客、取引先とも気軽にコンタクトが取れるようになりました。

もし、新型コロナウイルス感染症の流行が収束したとしても、

膨大な出張費や交通費を削減するため、継続したいと考える企業は多いことと思います。

 

しかし、Web会議・Web商談にはまだまだ問題があります。

 

まずひとつめ。場所の問題です。

会議室を1対1のWeb会議・Web商談に使うと、会議室の稼働率が低下して、

他の人が使えなくなります。かといって、個人のデスクでやると周囲の従業員が

気が散って仕事に集中できないということになりかねません。

そんな問題に対しては、テレワークを前提とし、今後の出社人数を予測。

フリーアドレスを導入してデスクスペースを最適化します。

そこで新しく生まれた空間に、吸音パネルで囲った

オープン型のブースをいくつか設置します。

コストを抑えて解決する場合は、不要なデスクをいくつか廃棄し、

大がかりな工事が不要なクローズド型のブースを導入。

さらに、自席やフリースペースなど好きな場所に持ち運んで使える

パネルブースもプラス。視線が遮られて集中できますし、

マイクやイヤホンを活用すれば、周囲に迷惑をかけることも減ります。

いずれにせよ、導入と同時にルールを決めることが肝心。

そうすれば、皆が気持ちよく活用でき、生産性が一層アップします。

 

 

そして、ふたつめ。セットアップの問題です。

マニュアルをつくっておいても、セットアップがうまくいかずに

総務部員やシステム担当者が呼び出され、呼んだ人も呼ばれた人も時間を取られたうえに、

大切な顧客や商談相手に迷惑をかけてしまいます。

そうやってストレスや気まずさを引きずってWeb会議・Web商談を開始すると、

場合によっては有意義な話し合いへと発展しづらくなります。

 

だとしたら、配線・設定なしですぐにWeb会議・Web商談ができるツールを導入。

パソコンのUSBポートに小さな機器を差し込み、そのボタンを押すだけで

ワイヤレス接続されるものや、タブレットをタップするだけで

セッティングできるクラウドサービスなどもあります。

どちらも、導入そのものがスピーディというのも魅力です。

たかがオンライン、されどオンライン。

スムーズにできるかどうかで、ビジネスのスピードと質は大幅に変わり、

企業の持続可能性にも少なからず影響を与えることと考えます。

 

リリカラでは、Web会議・Web商談はもちろんニューノーマル時代に対応した

レイアウト変更、アイテムや設備のご提案が可能です。

自社事例から蓄積した知恵も交えながら、各企業の成長に貢献します。

ご検討の際はぜひご相談ください。

 

Web会議ブースのご検討に役立つ資料を用意しています。こちらからご覧ください!

https://smp-space.lilycolor.co.jp/public/file/document/download/1255

 

 

オフィスに関すること、なんでもご相談ください。

お問い合わせ・お見積依頼