フリーアドレスの必需品!仕事に役立つおすすめ便利グッズ・ツール  - コラム|オフィスデザイン・内装レイアウト設計、移転ならリリカラ株式会社

コラム

フリーアドレスの必需品!仕事に役立つおすすめ便利グッズ・ツール  

フリーアドレスの必需品!仕事に役立つおすすめ便利グッズ・ツール  

在宅勤務の利用者増加に伴い、固定席を廃止し「フリーアドレス」を導入する企業が増えています。フリーアドレスとは、固定席を持たずに自分で座席を選択するワークスタイルです。

オフィススペースの有効活用やコミュニケーション強化などのメリットを感じる一方で、私物の整理整頓や社員の所在管理などに課題を抱えている方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回はフリーアドレスの3つの課題を解決する便利グッズ・ツールをご紹介します。

3つの課題

 

1.PCや書類など複数の荷物を抱えて移動するのが大変
2.上司や部下がどこにいるか分からず連携が取れない
3.音が気になり座席で電話やオンライン会議をしにくい

 

1. PCや書類など複数の荷物を抱えて移動するのが大変

モバイルバッグ

自席を持たないフリーアドレスでは、固定席のように私物を席に置いたままにすることはできません。そのため、PCや書類をまとめて持ち運べる収納バッグが活躍します。

モバイルロッカーにそのまましまうことができ、次に使うときもサッと持ち出して好きな席に座ることができます。

●モバイルバックを利用するリリカラ社員の声
「荷物がまとまっていることでロッカーと座席を行ったり来たりすることが無くなった」
「書類を入れられるスペースに限りがあるので、紙を印刷する機会が減った」

 

2. 上司や部下がどこにいるか分からず連携が取れない

所在管理システム

フリーアドレスを導入する際、社員の所在やオフィスの座席の空き状況が分からず不安を感じる人も多いのではないでしょうか。

そのような課題をお持ちの方には、社員の所在管理や座席予約が行えるシステムがおすすめです。

オフィス内の居場所だけでなく、外出やテレワークなどの勤務状態も共有することができスムーズに業務を遂行できます。座席予約機能が付いており、業務内容に合わせて使用したい座席をあらかじめ確保することもできます。

●入力所在管理システムを利用するリリカラ社員の声
「営業職で外出が多いので、上司やチームメンバーがどこいるかを瞬時に把握できて便利」
「出先からアプリでオフィスの空き状況が分かるので行動の予定を立てやすい」

 

3. 音が気になり座席で電話やオンライン会議をしにくい

卓上型ブース

フリーアドレスは、オープンな空間でコミュニケーションが取りやすいといったメリットがある反面、電話対応やオンライン会議の音が気になるといった課題もあります。

そのような場面では、卓上型ブースを使用することがおすすめです。

ブース内側にある吸音ウレタンが音の反響をコントロールしてくれるため、電話の度に周囲の人に気を使って座席を移動したり、会議室を予約したりする必要はありません。

●卓上型ブースを利用するリリカラ社員の声
「設置が簡単でどこにでも移動できるのでシェアしやすくて良い」
「音が気になる時だけでなく、籠って集中したい時にも最適」

 


いかがでしたでしょうか?
今回は、フリーアドレスの3つの課題を解決する便利グッズ・ツールをご紹介しました。

リリカラでは、オフィスの内装に関する提案だけでなく、自分たちの実践から得た働き方の工夫やノウハウをお客様に共有し導入後の運用までサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。

 

関連コラム

ページ上部へ