働き方に合わせたイス選びのポイント 後編 ~在宅ワーク・ABW・会議室~- コラム|オフィスデザイン・内装レイアウト設計、移転ならリリカラ株式会社

コラム

働き方に合わせたイス選びのポイント 後編 ~在宅ワーク・ABW・会議室~

働き方に合わせたイス選びのポイント 後編 ~在宅ワーク・ABW・会議室~

イスマイスター リリカラ株式会社 塚越慎吾

株式会社オカムラで36年の営業経験がある。2019年よりリリカラ株式会社に入社。多くのプロジェクト案件にたずさわる。イスに関する知識はかなり豊富で社内でもイスマイスターとして有名。これまで販売してきたイスは累計で5万脚はくだらない。

イスマイスターのイス選びのポイント

  • 在宅ワークは固定席と同様に、パーソナライズ機能が豊富なイスがおすすめ。健康に配慮されているイスや、自宅のインテリアに馴染むのも大事なポイント。
  • ABWのコラボスペース用のチェアは五感を刺激するようなデザイン性があり、色のバリエーションが豊富でカラフルなものがおすすめ。
  • 会議室の椅子に求められるのは上質さを感じさせるデザイン性。機能はなるべくシンプルな方が良く操作レスの方が適している。また深い後傾機能も必要ない。

シーン③在宅ワーク

在宅ワークが増えている中、自宅のイスにお金をかけるユーザーが増えています。1日中自宅のイスで作業をする事も増えて来たので、これまでのダイニングチェアやソファーで仕事をするのはおすすめしません。
腰痛などの予防や健康を維持するために自宅に良いイスを導入するのは自己投資ともいえるでしょう。最近では会社が自宅用のイスを付与するケースも増えてきています。
ちゃんとしたメーカー品と安かろう悪かろうのイスとの違いは、故障した際にしっかりした保証がついていることです。

在宅ワークおすすめチェア

コンテッサセコンダ(オカムラ)・・・上質な素材と流麗なデザインで、肘の先端で座の上下及びリクライニングを操作できる機能があるなど、世界基準の最高級な快適性をもたらします。

イング(コクヨ)・・・椅子の固定概念を取り除き、体のどのような動きにも背と座が自由に動く360°グライドする機能がついています。座っていても体を動かすことが可能です。


シーン④ABWコラボスペース

ABWとは、社員が自律的に業務内容や気分に合わせて、時間と場所を自由に選択するという働き方です。オフィスに出社し、決められた席で働くというスタイルに変わり、ABWのように自由度の高い働き方を採用する企業が増えています。
ABWのコラボミーティングスペースに求められる機能はフリーアドレスと同様に誰でも調整することなく使用できる操作レスであることです。創造力を高めたり活発な意見を誘発するために刺激されるようにデザインに特徴があったりカラフルなカラーバリエーションが豊富である必要があります。また可動性が高く持ち運びがしやすいことも大切です。

ABWコラボスペースおすすめチェア

ファブレ(コクヨ)・・・カラーバリエーションが豊富です。やわらかい素材感のあるデザインで、ワークとライフのシームレスな空間にマッチするマルチパーパスチェアです。

シナーラ(オカムラ)・・・リクライニング反力を適度に設定することで、操作せずに座と背がシンクロロッキングします。 背・座ともメッシュのシンプルなデザインと究極的な軽さのマルチパーパスチェアです。

SWIN(イナバ)・・・世界的なデザイナーである奥山清行デザインのネスティングチェア。ブランコのように揺れて、座らないときはたたんでおくことも出来ます。 カラフルな色も9色あります。


シーン⑤会議室

会議室に求められるのはアイデアがわくようなデザイン性と快適な座り心地です。機能はなるべくシンプルな方が良く、深い後傾は不要で操作も多くなくてよいのです。

会議室おすすめチェア

モード(オカムラ)・・・背はインナーメッシュ構造で優しく包み込まれるような座り心地が得られます。操作性も良くすっきりとしたデザインで張地も高級感があります。

プント(コクヨ)・・・質の高い生地で縫製されたデザイン性のある座と背に包まれたホールド感に優れた座り心地です。脚はアルミダイカストで高級感があります。

イームズアルミナム(ハーマンミラー)・・・上質感のある革新的なデザインで長年人々に愛され続け、複雑な機能もなくシンプルな操作性で、特に女性に人気があります。


イス選びのポイントおさらい

在宅ワーク

  • 固定席と同様に、パーソナライズ機能が豊富なイスがおすすめ。健康に配慮されているイスや、自宅のインテリアに馴染むのも大事なポイント。

ABWコラボスペース

  • ABWのコラボスペース用のチェアは五感を刺激するようなデザイン性があり、色のバリエーションが豊富でカラフルなものがおすすめ。

会議室

  • 求められるのは上質さを感じさせるデザイン性。
  • 機能はなるべくシンプルな方が良く操作レスの方が適しており、深い後傾機能も必要ない。

 


関連コラム

ページ上部へ