リリカラノート

ウイルス対策と細菌対策に「抗ウイルス壁紙」

ライフスタイル

DATE: 2020-08-20

  • 壁紙

イメージ画像

ウイルスや細菌の増殖を抑制する壁紙が新登場!

新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、室内環境を見直される方も増えてきました。
今回は、新しく発売されたウイルスと細菌対策に有効な「抗ウイルス壁紙」を紹介します。



リリカラの「抗ウイルス壁紙」とは?

リリカラの「抗ウイルス壁紙」は、A型インフルエンザウイルスやネコカリシウイルス(ノロウイルスの代用)といった「ウイルスを不活化する機能」と、大腸菌など「細菌の繁殖を抑制する機能」の2つの機能を備えています。

<ウイルス+細菌対策>




壁紙表面に付着したウイルスを減少させる「抗ウイルス性能」

この「抗ウイルス壁紙」は壁紙表面に抗ウイルス剤コーティング層があり、壁紙に付着したウイルス表面のタンパク質を変質させ不活化し減少させる効果があります。 A型インフルエンザウイルスやネコカリシウイルス(ノロウイルスの代用)などのウイルスに効果的です。

※エンベロープとは?
エンベロープとは、脂肪・タンパク質・糖タンパクなどの成分でできた膜のことです。この膜があるかないかで、ウイルスは「エンベロープウイルス」と「ノンエンベロープウイルス」の2つのタイプに分類されます。
代表的な「エンベロープウイルス」にはインフルエンザやコロナウイルスなどがあります。
「ノンエンベロープウイルス」は、ノロウイルスやウイルス性胃腸炎などです。「抗ウイルス壁紙」はどちらにも効果があります。


<抗ウイルス性能>




細菌の繁殖抑制に効果的な「抗菌性能」

壁紙表面には抗菌剤もコーティングされています。そのため、壁紙に付着した細菌の繁殖を抑制する効果があります。抗菌性に優れているので、清潔な環境づくりに最適です。


<抗菌性能>




効果持続と安全性

抗ウイルス機能の持続性は、壁紙表面に抗ウイルス剤がある限り理論的には半永久的です。汚れの付着などにより効果が低減する可能性がありますが、下図のとおり、日常のメンテナンスを想定した、水スプレー後の拭き取りを20回繰り返した後でも効果が持続しています。
また使用薬剤についても、人体に影響が少なく安全です。

<持続性・安全性>




メンテナンス方法

「抗ウイルス壁紙」の日常的なメンテナンスは、薄めた中性洗剤をご使用ください。消毒用アルコールや次亜塩素酸ナトリウム水溶液を使用し、強く擦ったりすると抗ウイルスの有効成分が脱離したり変色することがありますのでご注意ください 。




おすすめ使用場所

抗菌性に優れているので医療・福祉施設や人が多く集まる商業施設などに最適です。一般住宅では、細菌が繁殖しやすいトイレ・キッチンなどの水回り、リビング、子供部屋におすすめです。

【おすすめの使用場所】
・医療施設 ・商業施設 ・オフィス ・一般住宅
・福祉施設 ・宿泊施設 ・教育施設など    
・医療施設  ・商業施設
・オフィス  ・一般住宅
・福祉施設  ・宿泊施設
・教育施設など     





抗ウイルス壁紙の商品ラインナップ

使いやすい全8色。



ウイルスと細菌対策に、抗ウイルス壁紙はいかがでしょうか。
ぜひ、清潔で快適な環境づくりの参考にしてくださいね。



記事内にてご紹介の商品・掲載カタログ

おすすめ記事

お問い合わせフォーム
(法人のお客様)
お問い合わせ

掲載している商品に関するご質問はこちらよりお問い合わせください。

記事内でご紹介の商品は、
こちらからサンプル請求いただけます。
サンプル請求
  • ※ご請求にはビジネスユーザー登録が必要です。
  • ※廃番商品や受注生産品、一部高額商品などについては、
    サンプル請求は受け付けておりません。