COLUMN

コラム

縮小だけでは解決にならない? コロナ禍で新しい課題が噴出!

2021.1.15 働き方

〜〜ハイブリットな働き方を支える2つの視点〜〜

コロナ禍で働き方が大きく変わった昨年。

そろそろ、多くの企業でオフィスワークとテレワークをミックスした

ハイブリッド型の働き方が定着してきたのではないでしょうか。

 

リリカラではそういった世の中の動向を受けて、昨年12月に

「ハイブリットな働き方を支える2つの視点」(株式会社タナベ経営との共催)と題した

Webセミナーを開催。8月にリニューアルした当社麻布台オフィスを題材に、

コロナ禍でのオフィスの課題をどう解決したかをお伝えしました。

 

終了後のアンケートによると、すでにオフィスのレイアウト変更や移転を

実施した企業が30.8%と多く、将来的に計画したい、

1年以内に計画もしくは実施したいが合計で50.0%にのぼりました。

※グラフ2-2(将来的に計画、1年以内に計画、実施をまとめる)

現在のオフィスに課題や問題点はありますか?という問いには、

「スペースがない・狭い」と「Web会議の場所や設備」を挙げる人が

多かったのが印象的でした。

※グラフ2-3

テレワークを取り入れている企業であれば、本来スペースが余っているはずなので、

フリーアドレスを導入し、レイアウト変更をするだけでスペースを創出できます。

また、「Web会議の場所や設備」という課題に対しては、

フリーアドレス化により空いた場所にフルクローズ型のワークブーズを設置。

大きめの会議室を少人数でWeb会議に使い、他の人が使えないということも起きがちですので、簡易パネルで仕切るなどして、小さめの空間を複数個つくるといった空間の最適化が可能です。

 

働き方改革に向けての興味あるテーマという質問では、

「役割分担・業務フローの見直し」が30.4%、「業務改善に向けたDX強化」が26.1%と

業務改革ソリューションを提供するタナベ経営の講演内容と一致していました。

※グラフ3-2

その他、参加者から「afterコロナにおいても継続するテレワークでの業務目標設定と

評価制度の確立を急ぎたい」「コロナ禍で働き方が変わりましたが、

DXを含めた環境が整っていないのが事実です。今後のオフィスレイアウトについて

情報をたくさんほしい」といった声も寄せられました。

 

まだまだテレワークが不可能な業種・部署も多く存在するのが現実。

また、オフィスがあるからこそコミュニケーションが活発になり、

従業員同士の絆が生まれ、企業風土が醸成されていくとリリカラでは考えています。

長い目で見ると、優秀な人材を確保しておくことが重要となりますので、

従業員のモチベーションを上げながらも、

オフィスをポジティブに変えていくことがおすすめです。

 

前回記事リンク

https://www.lilycolor.co.jp/ss/column/1681

 

オフィスに関すること、なんでもご相談ください。

お問い合わせ・お見積依頼